top of page

天然物質でガンと戦う。ウコンの効能20。[更新]

Wawel (BBE Biotech.PGD臨床研究), Japanese translation: Yuko


世界中の多くの研究所で、ウコンの抗がん特性に関するさまざまな研究が行われている。ウコンは強力な抗酸化物質であり、細胞を損傷から保護することができる。ウコンは現在、従来の癌治療の補完療法として使用されている。www.umm.edu/altmed/articles/turmeric-000277.htm


実験の結果、ウコンが癌の成長と増殖を引き起こす多くの重要な分子経路を阻害することが明らかとなっている。最近の研究は、ウコンの抗炎症特性に集中しており、これらが癌の予防や治療に役立つかどうかが注目されている。


ウコンの有効成分であるクルクミンは一般的にもよく知られた抗酸化物質であり、科学者は細胞に損傷を与えるフリーラジカルとの戦いに役立つと確信している。

また、ウコンは、がんの発症につながるいくつかの重要な分子経路を妨げることもわかっている。



#癌に対するウコンの効能 20


ウコンとクルクミンには、#天然の抗がん作用、化学予防作用、放射線防護作用、化学防護作用があることが研究で証明されている。これらは、がんの治療において様々な形で役立っており、ターメリックの抗酸化作用は、がんの予防にも役立っている。


以下はウコンのがんにおける効能20である。


1.ウコン(クルクミン)は癌細胞を殺す


ウコンの有効成分であるクルクミンは、その抗がん効果について広く研究されている。癌の正確な原因は特定されておらず、細胞の生命と活動を調節するタンパク質に、徐々に影響する細胞シグナル伝達経路の障害によるものと考えられている。


この伝達経路の乱れにより、細胞は不死化し、増殖が亢進するため、がんが全身に広がっていく。


Biofactors, 2013に掲載された研究では、クルクミンの抗がん作用は、複数のレベルでの細胞シグナル伝達経路を阻害した結果であると述べられている。


Molecules 2015に掲載された最近の研究では、クルクミンが抗がん効果を発揮するさまざまな標的が特定されている。



• 転写因子(遺伝子の発現をコントロールする) • 成長要因 • 炎症性タンパク質 • がんを引き起こす分子 • 細胞周期と細胞死の制御に関係する様々なタンパク質


このようにクルクミンは多面的な作用を持っており、新しい抗がん剤として、これからの癌治療法の選択肢の一つとなりうると言える。


これは何を意味するのか?

ウコンとクルクミンには癌細胞を消し去り、複数の分子標的に作用する。クルクミンフリーのウコンにも、いくつかの潜在的な抗がん化合物が含まれている。


2.化学予防薬としての働き


化学予防とは、潜在的な前がん細胞が、がん化するのを防ぐためにさまざまな薬剤を投与することである。

つまり、がんを初期段階で抑制し、がんを消滅させることである。ウコンやクルクミンは、発達したがん細胞を殺すだけでなく、化学予防薬としても機能する。


研究者たちは、クルクミンの化学予防作用の主なメカニズムは、核因子カッパBの阻害であることを明らかにした。



核因子カッパBは、炎症プロセスの背後にあるマスターターゲットであり、細胞の発生においても、重要な役割を果たしている。


また、ラーマニらは、クルクミンが癌を予防するために作用する腫瘍抑制遺伝子の活性化、細胞死遺伝子の活性化など、複数の分子標的を同定している。


Asian Pacific Journal of Cancer Preventionに掲載された科学論文によると、食物ウコンががんのリスクを低減させると述べられている。


これは、がんを発症する遺伝的背景を持つ人々にとって、かなり有力な声明である。

クルクミノイドの抗ウイルス作用と発がん性遺伝子の活性化を防ぐ作用は、子宮頸がん予防のため、HPVの感染を食い止めるのにも役立つ。


これは、ウコンエキスを12週間経口補給することで、女性の子宮頸がんの発生を予防・抑制したという研究結果からも証明されている。


また、クルクミンは乳がんや大腸がんの化学予防剤としての可能性が指摘されている。


これが意味することは?


ウコンとクルクミンは、前がん細胞の増殖を止める効果があり、がんの予防に役立つ。食事でウコンを摂取すると、がんのリスクを減らすことができる。


3.がん転移を防ぐ


転移とは、がんが全身に広がることである。がん細胞は、原発から切り離され、血液やリンパ液を経由して移動する。


がん細胞は免疫系の攻撃と戦いながら、様々な臓器に集積し、その部位にがんを発生させる。


転移は、癌の罹患率の主要な原因であり、転移を防ぐために、癌の治療が必要である。研究者たちは、クルクミンに転移を防ぐ効果があることを明らかにした。これは、がん治療における重大な発見である。


様々なタンパク質と相互作用し、その活性を制御することで、がん細胞の増殖や浸潤を防ぐのに役立っている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18479807


血管新生、または腫瘍の新生血管の形成を阻害し、腫瘍の成長を停止させる。


実験的研究により、乳がん、肺がん、肝臓がん、甲状腺がん、卵巣がん、前立腺がんにおいて、クルクミンが転移を予防することが確認されている。


転移性乳がんにおいて、化学療法と併用するクルクミンの投与量を調べる臨床試験が行われた。この試験には14名の患者が参加し、最大許容量は1日8gであった。


ほとんどの患者に、症状だけでなく生物学的反応の面でも改善が認められた。


研究者によると、推奨用量はドセタキセルと組み合わせて3週間ごとに7日間、1日クルクミン6gであった。


これは何を意味しているか。

がん治療において転移は大きなハードルであるが、クルクミンはがん細胞の増殖を止め、他の組織への浸潤を防ぐことで転移を予防することが分かっている。


4. 前癌性病変の進行を抑える


前述のように、クルクミンは化学予防薬として機能し、がんの発症と進行を防ぐ。


このクルクミンの効果を評価するために、国立台湾大学医学部で臨床試験が実施されたhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11712783


この研究には以下の5つのハイリスクな状態にある25人が集められた。


• 膀胱癌切除 • ボーエン病の癌 • 子宮頸部上皮腫瘍 • 口腔白血球 • 腸転移


それぞれ当初1日につき500mgクルクミンが処方され、副作用が見られなかった場合、用量を徐々に増量し、1日につき12gを処方した。


血清濃度は摂取後1〜2時間で検出可能で、12時間以内に低下した。

組織培養によって7名に改善が証明された。クルクミン治療を行ったにもかかわらず、悪性腫瘍を発症したのは2人のみであった。


高用量で副作用は観察されなかったが、12gの用量ではカプセルのサイズが大きすぎて摂取ができない。3ヶ月間経口摂取したクルクミン8gは、化学予防において安全で有益であることが判明した。


ライらはまた、経口クルクミン摂取は、その抗酸化特性とDNA損傷から保護する能力により、経口白板、経口白亜無菌線維症、または地衣類平面などの経口前癌状態を治すことができることを実証した


ウコン油エキスを12週間経口摂取することで、子宮頸部病変を退縮させ、子宮頸がんへの進行を抑制することができる。


この研究では、クルクミンは標準的な抗菌療法よりも子宮頸がんの癌前進行を制御するのに有効であることが発見された。


クルクミンを経口摂取することで、特に口腔癌の前癌病変の成長を制御し、その発生を逆転させることができることが、人体での実験で証明されている。ウコンオイルの摂取は、子宮頸がんの進行を防ぐことが明らかにされている。

5.抗発がん作用がある


発がん性物質とは、がんの原因となる物質のことである。食事や環境に含まれる物質、あるいは放射線の暴露などが考えられる。


ウコンやクルクミンには抗発がん作用があり、発がん性物質の毒性から身を守り、がんを予防する。


クルクミンは、抗酸化酵素のレベルを上げ、核因子κB(炎症のキープレイヤー)の作用を調節することによって、抗発癌作用を媒介することが分かっている。


この作用は、リンパ腫の成長を防ぐ。クルクミンは、様々な生化学的経路を標的として、有害な太陽光線への曝露による皮膚発がんまたは皮膚がんの発生から保護する。


幹細胞は、完全に機能し、発達した細胞の前駆体として機能する細胞である。

同様に、がん幹細胞は、幹細胞に似た特徴を持ち、腫瘍の増殖を引き起こす稀な細胞である。


Norrisらは、クルクミンががん幹細胞に作用し、シグナル伝達経路を調節することによって、抗がん作用を発揮するとしている。


クルクミンの抗菌作用は、胃がんや大腸がんにおける抗がん作用を促進する。


クルクミンは腫瘍抑制遺伝子を活性化し、喉頭咽頭逆流症やサイレント逆流症におけるペプシン誘導発がん活性を防ぐ。


クルクミンは、発がん性物質の毒性に対抗して、がんを予防する効果がある。


6。抗腫瘍性


腫瘍は細胞の塊であり、良性(非癌性)または悪性(癌性)があり、体のさまざまな部分に広がる可能性がある。

クルクミンおよびその誘導体は、抗腫瘍活性を有することが確認されており、化学療法剤との相乗効果が認められている。


下垂体腫瘍では、クルクミンのホルモン抑制作用と抗腫瘍作用が効果を発揮する。腫瘍細胞はテロメラーゼという酵素の活性により、細胞死に対する抵抗力を持つようになる。


クルクミンはこの酵素の活性を阻害し、脳腫瘍に効果を発揮する。


クルクミンは、腫瘍の進行を抑制するために、細胞死を引き起こす経路を活性化させる。このクルクミンの抗腫瘍効果は、前立腺癌、乳癌、肺癌、下垂体腫瘍、脳腫瘍などに効果がある。


これは何を意味するのか。

クルクミンは、腫瘍の成長を支える様々なタンパク質、ホルモン、経路に作用することで抗腫瘍活性を発揮し、それによって腫瘍の進行を防ぐ。


7. 腫瘍の血管新生を抑制する。


血管新生とは、新しい血管が形成されることで、健康な人であれば、特に創傷治癒の際に必要不可欠なプロセスである。

しかし、腫瘍では、血管新生が腫瘍の増殖や成長を助けるため、抗血管新生剤が開発されている。


クルクミンは、腫瘍の血管新生を抑制する。血管を形成する細胞の活動や、血管の形成を促進する他の因子を阻害する。


それによって、腫瘍への血液の供給をカットし、腫瘍の成長を食い止めることができる。


これは何を意味するか?

クルクミンは血管新生-新しい血管の形成を抑え、腫瘍の成長を防ぐと言える。


8. 30以上のターゲットに作用し、がん細胞の細胞死を誘発する


クルクミンは、がん細胞を選択的に死滅させるために30以上の分子標的と相互作用する。がん細胞は、細胞周期を調節する経路が破壊されているために不死身であるが、クルクミンが来て、がん細胞が細胞死を起こすようにこれらの経路を再編成してくれる。


外部の細胞死経路に作用して、がん細胞を死滅させるのである。

細胞生存経路の活動を阻害し、DNAを損傷し、プロオキシダントと抗酸化剤のバランスをとり、炎症性酵素に作用し、またその他様々なメカニズムを仲介して、正常細胞ではなくがん細胞のみを死滅させることができる。


これは何を意味するか。

クルクミンは、複数のメカニズムによって正常な細胞に影響を与えることなく、がん細胞のみを選択的に死滅させるのである。


9. 癌の細胞周期と発症を抑制する。


細胞周期は、細胞の成長と発達の一連の過程である。各段階にはチェックポイントがあり、このサイクルは高度に制御されたプロセスである。クルクミンは、サイクルを制御するさまざまなタンパク質の活性を調節し、チェックポイントの一部にも影響を及ぼす。さまざまなフェーズでがん細胞の成長を停止させ、その結果、がん細胞が成長するのを防ぐことができる。


7つもの分子標的に作用して、さまざまな増殖の段階で細胞を停止させる。実験的研究では、クルクミンのこの活性は、頭頸部がん、肺がん、結腸がん、乳がんなどの条件において有益であることを示している。


これは何を意味するのか?

ウコンが抗がん作用を発揮する新しいメカニズムとして、細胞周期の様々な段階でがん細胞の増殖を阻止し、その成長と進行を止めることが挙げられる。


10. がん細胞を選択的に死滅させ、正常な細胞を保護する。


研究者たちは、クルクミンががん細胞を選択的に死滅させし、正常細胞を毒性から保護することを指摘している。これらの知見は、腫瘍の薬剤耐性を逆転させる上で極めて重要である。

Nutrition and Cancer, 2010に掲載された科学論文では、クルクミンが化学療法や放射線療法による毒性から正常細胞を保護することが明らかにされている。これは、抗酸化防御を高め、抗炎症作用を発揮することによって行われる。


クルクミンが癌細胞と正常細胞を区別する正確なメカニズムは特定されていないが、癌細胞は正常細胞とは異なり、死亡率に関連するシグナルを失っているためと考えられる。


クルクミンのこの二重の性質は、がん幹細胞にも及び、正常幹細胞を保護し、がん幹細胞には毒性を発揮する。


これは何を意味するか?

がん細胞にも正常細胞にも毒性を持つ従来の抗がん剤とは異なり、クルクミンはがん細胞を選択的に死滅させ、正常細胞を毒性から保護する。このことから、ウコンは従来のがん治療の優れた補助剤となると言える。


11. がん細胞の薬剤耐性を回復させる


がん治療において、多剤耐性は深刻な問題である。P糖タンパク質は薬物代謝に関与するタンパク質で、がん細胞で過剰発現すると薬物耐性をもたらす。


クルクミンはP-gpの活性を調節し、がん細胞の薬剤耐性を回復させる。


厳正な検証研究により、クルクミンががん細胞の薬剤耐性を無効にし、化学療法剤に対する感受性を高めることを確認する100以上の証拠が特定 されている。


クルクミンは、がん幹細胞の活性を調節し、薬剤耐性を逆転させる。

ゲムシタビン耐性癌に苦しむ人々をクルクミンとゲムシタビンで治療する研究が行われた。彼らは毎日8gのクルクミンを経口投与された。


クルクミン治療で良好な適合性が認められ、1年生存率は19%であった。研究者たちは、クルクミンとゲムシタビンの併用は膵臓癌の治療にとって安全であると結論づけた。


これは何を意味するのか?

クルクミンは、がんの薬剤耐性を逆転させ、化学療法剤に対するがん細胞の感受性を高めることができる。


12. がん幹細胞を破壊する


がん幹細胞は、前述したように、腫瘍を再生させる能力を持つ希少ながん細胞である。癌の幹細胞理論によれば、少数の癌細胞は幹細胞のように振る舞い、自己複製して癌を存続させる。


Liらは、クルクミンががん幹細胞の自己再生経路やその他の分子標的を標的とし、薬剤耐性、転移、がんの持続を逆転させるとコメントしている。


科学文献は、クルクミンが大腸がん、乳がん、膵臓がん、頭頸部がん、脳腫瘍のがん幹細胞を攻撃するという証拠を示している。


Anticancer Research,2015に掲載された最近の研究では、クルクミンが幹細胞に対して非対称の効果を持っていることが明らかになった。それは癌幹細胞に対して有毒であり、正常幹細胞には無毒である。


これは何を意味するのか?

クルクミン独自の抗がん作用は放置すると腫瘍の再生や 薬剤耐性、転移の原因となるがん幹細胞まで標的にしているのである。


13. 化学療法と放射線療法の感受性を高める


クルクミンは、抗がん作用を発揮する以外に、従来のがん治療に対してがん細胞を感作させることさえある。


特定の遺伝因子、成長調節経路、薬剤耐性タンパク質、細胞死を防ぐタンパク質に作用して、がん細胞のがん治療に対する感受性を高めるのである。


クルクミンは、乳がん、子宮頸がん、胃がん、膵臓がんなど、さまざまな化学療法薬に対する感受性を高めることが分かっている。


同様に、クルクミンは、細胞の成長と発達を制御する様々なターゲットに作用することで、放射線耐性を克服する。


これは何を意味するのか。

クルクミンを従来のがん治療に追加することで、化学療法や放射線療法に対するがん細胞の感受性を高めることができる。

14。化学療法と放射線保護


ゴエルと博士Aggarwalは、クルクミンががん治療に対する感受性を高めるのと同様に、化学療法や放射線療法による毒性からも保護すると報告している。


クルクミンの抗炎症および抗酸化特性は、正常な臓器や組織をがん治療の毒性から保護するのに役立つ。クルクミンは、化学療法による毒性から正常な細胞と正常な幹細胞を保護する。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20924967


抗酸化防御を高め、放射線療法のDNA損傷から保護する。クルクミン補給はまた、がん治療による毒性の目に見える症状も軽減する。


これは何を意味するか? クルクミンは、化学療法薬や放射線療法によって引き起こされる細胞毒性から保護する。


15. がん治療の副作用から守る


ベルカロらによるPhytotherapy Research, 2014に掲載された研究によると、メリーバと呼ばれるクルクミンの特殊な処方が、がん治療による目に見える副作用を軽減するのに役立つことが示されている。


固形腫瘍を患い、化学療法または放射線療法を受けており、病気の重大な段階ではない患者が研究に参加した。


吐き気、嘔吐、下痢、臓器毒性、血小板数の減少などの化学療法の副作用が大幅に軽減され、記憶力や思考力などの認知機能の改善も確認された。


化学療法を2ヶ月間行った後でも、メリーバはがん患者の健康状態を改善し、副作用に苦しむ人の割合が減少したが、プラセボ投与群ではそのようなことは見られなかった。


放射線治療群では、クルクミン投与により、口、喉、腸などの治療部位の粘膜の炎症が軽減された。


また、嚥下障害、吐き気、疲労、脱力感などの症状や、がん治療の副作用を抑えるために必要な薬物への依存も軽減された。


また、副作用はなく、薬物相互作用の事例もみられなかった。


癌性悪液質は、癌で発生する極端な体重減少であり、様々な研究により、クルクミンがこの状態に有効であることが確認されている。


また、クルクミンとターメリックは、放射線治療の結果として発生する口腔粘膜炎にも効果がみられる。ある研究が、化学放射線療法または放射線療法のみを受け、口腔粘膜炎を患っている頭頸部がん患者を対象に行われた。


この患者さんには、ウコンの洗口液かポビドンヨードのうがい液が投与された。研究期間は7週間で、毎週テストを行い、治療効果を評価した。


ウコン洗口液を使用したグループは、ポビドンヨードうがい薬よりも放射線療法による口腔粘膜炎の発症を遅らせ、発症率を低下させた。

ウコンは、耐え難い口腔粘膜炎の発生を減少させた。また、口腔粘膜炎の発生による放射線治療の中断を減らし、さらに体重の変化も防ぐことができた。


これは何を意味するのか?

クルクミンの補給は、吐き気、嘔吐、疲労など目に見えるがん治療の副作用を軽減し、健康状態を改善することができる。また、放射線治療による口腔粘膜炎を抑制することもできる。


16.癌と戦うために免疫反応を調節することができる

免疫システムはがんの発症に重要な役割を果たしている。当然のことながら、免疫系の反応は抗腫瘍反応を開始する能力を持っているが、癌細胞はそのような反応を回避し、免疫反応を抑制する。


クルクミンは免疫調節特性を持ち、免疫反応を調節することができる。免疫抑制を逆転させ、癌における免疫療法に利益をもたらすのに役立つ。

Cell Division, 2015に掲載された研究では、クルクミンが癌の免疫機能を回復するのに役立つと述べている。


クルクミンは、免疫細胞の集団とサイトカインのバランスを整え、抗腫瘍効果を発揮させ、免疫療法やがんワクチンの効果を向上させることが分かっている。


これは何を意味するか? クルクミンの免疫反応を調節する能力は、その抗腫瘍効果と癌における免疫療法の利点に寄与している。


17.炎症を抑制


慢性炎症は、胃癌のように、癌を引き起こす原因となることがある。ウイルス感染関連の炎症も同様である。がんの炎症はがんに関係する疲労感をも増大させる。


ウコンとクルクミンは強力な天然抗炎症薬であり、炎症を止めるために様々な経路や生化学的標的に作用し、非ステロイド性抗炎症薬のような副作用を引き起こさない。


研究によると、クルクミンは癌の炎症を標的にしている。動物実験では、クルクミンが気道の炎症を減衰させ、それによって肺癌から保護することを示唆している。したがって、クルクミンの抗炎症作用は化学予防に役立つ可能性がある。


これは何を意味しているか。

ウコンとクルクミンは、癌を予防するだけでなく、癌に関連する他の症状を軽減するのに役立つ強力な抗炎症特性を持っている。


18。抗酸化防御力を向上させる


プロオキシドラントと抗酸化物質の間の酸化ストレスまたは不均衡は、癌の進行を促進する。


がん治療の一環として抗酸化物質を補給することが臨床的な改善につながるかどうかについては、まだ議論がある。

クルクミンと他のクルクミノイドは抗酸化物質である。これらの抗酸化活性は抗腫瘍効果に一役買っている。


抗酸化酵素のレベルを上げることで、クルクミンは放射線療法や化学療法によって引き起こされる毒性からの保護を可能にする。クルクミンの抗酸化作用は、がんの予防にも役立つ。

2010年にMoleclesに掲載された研究では、レスベラトロールやクルクミンなどの食物抗酸化物質は、血液関連のがんタイプの予防と治療に役立つと述べている。

栄養と癌2016に掲載された最近の研究では、前立腺癌の放射線療法を受けている患者のクルクミン補給が抗酸化能力の向上をもたらしたと報告した。


抗がん剤イマチニブによるウコンパウダーの補給は、慢性骨髄性白血病の抗酸化状態を改善することがわかっている。


これは何を意味するか?

クルクミンは、抗がん効果があり、がん治療の毒性から保護するがん患者の抗酸化状態を改善する。

クルクミンは、がん患者の抗酸化状態を改善し、抗がん作用として効果があると同時に、がん治療の毒性から患者を保護することができる。


19。エピジェネティックエージェントとして機能

特定の遺伝子が存在するとがんになりやすい。がん治療のために遺伝子治療が模索されている。


エピゲノムは、遺伝子の発現を調節する様々なタンパク質で構成されている。

遺伝子発現を制御するこのプロセッサ活性は、遺伝子のDNA配列とは異なり変更することができ、これらの変化はエピジェネティックな変化を引き起こす。

クルクミンはエピジェネティック剤として同定されており、クルクミンのこの特性の適用は、がんの予防と治療に関連して研究されている。


実験研究では、結腸癌、白血病、膀胱癌、肝臓癌など、さまざまな癌に関連してクルクミンのこの特性の有用性を特定した。


これは何を意味するか。

クルクミンはエピジェネティックエージェントとして機能する。がんの発症に関連する遺伝子の発現を制御する活性を調節することができる。


がんのウコンサプリメントを服用する前に医師に相談してください。


ウコンサプリメントの一般的な予防措置には、次のようなものがあります。

  • 妊娠と授乳

  • 手術前(少なくとも15日)

  • 抗糖尿病薬または胃酸還元薬を服用している場合

  • 胆嚢の問題に苦しんでいる場合


結論

ウコンとその有効成分クルクミンは、強力な天然抗がん剤である。


それらは、癌を予防し、癌を引き起こす物質から体を解毒するのに役立つ。

ウコンは、がん治療の副作用を弱体化させ、がん治療に対する感受性を高めるのに役立つ。

ウコンとクルクミンは、がんの補助治療として、また化学予防薬として考慮されるべきである。

Comments


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page