top of page

天然物質でガンと戦う。ウコンの効能20。[更新]

Wawel (BBE Biotech.PGD臨床研究), Japanese translation: Yuko

世界中の多くの研究所で、ウコンの抗がん特性に関するさまざまな研究が行われている。ウコンは強力な抗酸化物質であり、細胞を損傷から保護することができる。ウコンは現在、従来の癌治療の補完療法として使用されている。www.umm.edu/altmed/articles/turmeric-000277.htm

実験の結果、ウコンが癌の成長と増殖を引き起こす多くの重要な分子経路を阻害することが明らかとなっている。最近の研究は、ウコンの抗炎症特性に集中しており、これらが癌の予防や治療に役立つかどうかが注目されている。

ウコンの有効成分であるクルクミンは一般的にもよく知られた抗酸化物質であり、科学者は細胞に損傷を与えるフリーラジカルとの戦いに役立つと確信している。

また、ウコンは、がんの発症につながるいくつかの重要な分子経路を妨げることもわかっている。